記憶力アップのやり方

記憶力アップのやり方は色々あります。自分に合った記憶力アップの方法を行う事で、効率よく記憶力を身に付ける事が出来るでしょう。気になったら、いろいろと試してみましょう。

 

まずは、時間差で覚える事です。記憶したい文章を読みます。最初は少ない文章でも良いので、覚えれる文章にしましょう。文章を読み、15秒程経過してから覚えた文章を書きうつします。そこから、間違っているか、合っているかを添削するのです。15秒間でどれだけ記憶を保持する事が出来るのか、これを繰り返す事で、どんどん記憶力を身に付ける事が出来るでしょう。始めは15秒間記憶を保持するという事が意外に大変かも知れません。しかし、慣れてくるとどんどん記憶する事が出来る量が増えていくのです。もちろん、書き写さなくても、音読する、心の中で読むなどでも良いでしょう。15秒ではなく、自信が付いたらもう少し長い時間を置いても良いと思います。

 

また、何度も書くという事はとても良い記憶方法です。人によりますが、何度も書いて覚えているという人は多いのでは無いでしょうか。書いて覚える時は、汚くても良いので出来るだけ沢山書くようにしましょう。しかし、この方法は単語や漢字など、短い物しか行う事が出来ない方法です。試験や勉強で覚えたい単語があるときに活用してみてはどうでしょうか。記憶力をアップするには、積み重ねが必要なのです。

 

記憶をする時に他の物と一緒に記憶をするようにしましょう。好きな音楽を掛けると、その音楽を思い出した時に一緒に記憶力が呼び戻されるでしょう。音楽以外でも、食べ物などでも記憶力を引き出すためには何でも良いのです。日々の努力が肝心といえますね。次回は、記憶力の他にも、速読の話でもしましょう。超記憶術を習得するのもいいですね。

ユダヤ式記憶術について

記憶力をアップするには、記憶術を習得するといいかもしれません。記憶術には種類がいろいろとあります。例えばイメージ記憶術などです。どれがいいということもなく、それぞれ方法が異なります。人によっては、やりやすい記憶術などがあるでしょう。相性みたいなものがあります。ここで紹介するのは、ユダヤ式記憶術というものです。ユダヤの木という図を使い暗記するという方法になります。詳しくは書けないのですが、それなりに効果があるようです。もちろん、ユダヤ式記憶術を身に着けるのに、特殊な能力は必要なく、誰にでも習得できる内容になります。一部の優秀な人だけしかできないのでは、困りますからね。この点はきちんと確認しておきましょう。ユダヤ式記憶術は、ジニアス記憶術と共に人気がある記憶術になります。興味がありましたら試してみてください。

 

参考サイト 松平勝男 ユダヤ式記憶術

大平俊介の大学受験勉強法とは?

記憶術や速読術は大学受験にも有効ですが、それ以外にも大学受験に合格するために必要なことはあります。最短距離で合格するために勉強法を学ぶということです。限られた時間のなかで勉強をして、難関大学や医学部に合格するためには、効率的に勉強することが求められます。その一つとして、記憶術や速読術を身につけ実践するというのもいいでしょう。しかし、どの分野をどのように勉強するかは、記憶術や速読術では分かりません。

 

そこで、先駆者の知恵を借りるのがよい方法です。大平俊介という医師が自分の合格体験をもとに監修した勉強法がインターネットで販売されています。大平俊介は医学部に合格後、この勉強法マニュアルを販売しましたが、いまでは医大を卒業し医師になったようです。大平俊介の大学受験勉強法は2013年11月現在でも販売を継続されています。これまでに多くの受験生が合格を勝ち取ったようです。

 

参考サイト 大平俊介 大学受験勉強法

速読術のトレーニング法

速読術というものを皆様はご存知でしょうか?名前ぐらいは聞いたことがあるという方も少なくないかもしれません。速読術ができるということは、普段読んでいるよりも短時間で数多くの本を読破することが可能になるということを意味しています。そんな素晴らしい速読をぜひ実践できるようになってみたいと思っている方もいるでしょう。

 

そこで今回は、速読術のトレーニング法についてお話しさせていただこうと思います。速読のトレーニング法を具体的に申し上げますと、いくつかの種類が挙げられます。第一に挙げられるのが、速読に関して書かれている出版物を購入し、その内容を実践してみることです。速読に関して有名な本がいくつかあります。それらの中から、自分好みのものを探し出して実践してみるのが1つの方法です。

 

もう一つの方法としましては、インターネットを用いた速読術のトレーニング法です。インターネットで速読術のトレーニングというと想像し難いかもしれませんが、現在は無料でインターネット利用して速読術のトレーニングを行うことができるサイトがいくつかあります。気になったらチェックしてみましょう。